森村あふたーだーく

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ネタバレ上等・げんしけん二代目の伍を語る」会議

<<   作成日時 : 2013/06/23 21:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

※今回は「げんしけん二代目の伍」のネタバレを含みます。
未読の人はご注意ください。

画像
※以下ネタバレ注意※









いやー、振られましたね斑目。
春日部さんは4年越しと言っていたけど読者の方はもっと
長い期間この二人の関係を見守っていた訳で、読後
「ああ、ついに終わったか」と少し目頭が熱くなりました。
(斑目の恋がですよ。作品はまだまだ続いてます)

もともと9巻の時点で一度作品が完結しているので、続編が
決まった時は嬉しい反面「この二人の話はどうなるの?
先を知りたいような、知りたくないような…」と思いましたが、
とても綺麗な終わり方をしたので良かったです。

さて、そんな斑目さんは現在ハーレム状態。
笹原妹、スー、アンジェラ、そしてホモ(おい)と、モテモテッス。
「このハーレム状態はいかがなものか?」と友人さんが
話していました。個人的には「本命なきハーレムって
不毛だよね」と思いますが、どうでしょう(^^;)。
ではそんな「本命なき対抗候補」となると…。

まあハトちゃんは絶対あり得ないでしょう。
ノンケの人間に同性愛を強要するのは無理ですし、
「俺も気付いたんだ。自分の本当のキモチに…」と斑目が
開眼するなんて展開はBLだけです(きっぱり)。
いやマジでセクシャリティーの嗜好は変わりませんよ。
変わってるなら中学高校の時点で少なからず自覚します。
(ハトくんも性癖こじらせてるけど普通のオンナスキーですよ?
神永♀先輩が好きだったんだから)

アンジェラのアプローチがスゴイですが、これも…うーん。
アンジェラってコーサカと同じくなかなか本心が読めない
部分があるので「どうなんだろう?」と思います。そもそも
コミケの時にしか日本に来ないのにどーすんだよ。通い妻かい。

スーもまたベクトルは違うけど読めないキャラですよね。
なんか展開的には「んん?もしかしてハト×マダを成立させて
安心したいのか君は?」という感じもします。斑目がかつて
忘れる事で諦めようとしていたように。あーでもどーかなー。
スーは斑目の事想ってた素振りが全然なかったのでまだ
何とも言えない部分が多いですね。
素振りをする素振りがなかったですよね。(化物語ネタ)

笹原妹(恵子)。これはハトのモジモジっぷりに煽られて
対抗心から火が付いた感じですね(^^;)。でも無駄に
人生経験豊富なので(笑)斑目の事をちゃんと理解してます。
しかしヘタレな斑目さんは「いやいやあいつ笹原の妹だぜ?
後輩の妹と付き合うとかありえねーって」など余計な事を
考えて腰が引けてしまいそうな感じ。個人的にはアリだと思います。
春日部さんに似ている部分も多いし。

ああ、しかしやはり決定的な本命がいない。どうしよう。
で、審議の結果「やっぱり斑目には春日部さんしかいない」と
脳内で確定の赤ランプが点きました(笑)。
でも一回バッサリ縁は切れたんだから可能性としては
十分あると思いますけどね。「冬物語」みたいに。
(たとえが古過ぎるぞ…あ、東大じゃない方のショートの娘ね)

コーサカ×春日部は鉄板みたく扱われてますが、意外と
コーサカは斑目のこと意識してると思うんですよわたしゃ。
(田中×大野はもう鉄板でしょう。公開プロポーズしたし)
正確に言えば「斑目を意識している春日部さん」かな。
本当に眼中なければ春日部さんなら「消えろ」の一言で
一蹴すると思うんですよ。でも4年間も茶化しもせず素振りを
あえて見せないようにしていたのは、それだけ意識していた
証拠でもあるのではないでしょうか(拳を握りしめ)。

そういえばコーサカって、斑目と咲ちゃんがお寿司を
食べに行った翌日、斑目に「咲ちゃんとお寿司食べに
行ったんですってね(^_^)」とか言ってるし…こいつ何気に
性格悪いんじゃね?うわー改めて見るとコーサカ嫌な奴かも。

うん、やはり咲ちゃんはコーサカと別れて斑目とくっつけ!
ハトちゃんは…吉武君!君の任務は分かってるね?( ´ー`)ニヤリ

と、一人げんしけん会議でした。
あーこういう話がっつりしたーい!!


Amazonアソシエイト by げんしけん 二代目の伍(14) (げんしけん (14)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『げんしけん 二代目の伍(14)巻』の評判 、及び感想と考察
げんしけん 二代目の伍(14) (アフタヌーンKC)著者 : 木尾士目講談社発売日 : 2013-06-21ブクログでレビューを見る≫二代目の伍巻(総計14巻)、読みました。二代 ...続きを見る
オレが面白いと思っているアニメやマンガは...
2013/07/06 11:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

「ネタバレ上等・げんしけん二代目の伍を語る」会議 森村あふたーだーく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる