WiiU「ゾンビU」プレイ中!!

オイラは怖いのが嫌いです。何故なら・・・怖いからです!
だからホラー映画は観ないし、ホラーゲームも滅多に遊びません。
しかしこのWiiUの「ゾンビU」は「怖いけど面白い」「WiiUでしか
体験出来ないものがある」という口コミで気になり、先月
「どうか、ああどうかオイラがリタイアしない程度のギリギリの怖さで、
かつ面白いソフトでありますように・・・!」という実に虫のいい事を
祈りながら(笑)購入しました。

画像
WiiU「ゾンビU」
(CERO「D」(17歳以上対象))

そして現在「ああ怖い・・・もう嫌だ・・・」とうな垂れながらゲームパッドを
握りしめているオイラがいます。勿論チキン(イージー)モードですが(^^;)。
確かにこのゲームはWiiUでしか体験出来ない面白さがあります。

言葉で説明するのは難しいので、プレイトレーラームービーを紹介します。
(過激な表現が含まれています。あらかじめ視聴の際はご注意下さい!)


ゾンビUゲームプレイトレーラー(UBIJAPAN)

基本はFPS(FPS=一人称視点シューティング)のゾンビゲームですが、
ゲームパッドがマップやセンサーになっているのがポイントです。
ゾンビが近くにいるとゲームパッドに光点として表示されます。
しかしTV画面では、ドアの向こうにいるゾンビ等は当然見えません。
なので、パッドで確認しながらTV画面を見て移動する・・・という
「画面から目を離す」というリスクがプレイ中には常に付き纏います。
「TV画面」と「ゲームパッド画面」という、二つの別々の画面を
フルに使いこなす、まさにWiiUでしか体験できないゲームです。

リュック内のアイテム整理や装備もパッドで行いますが、その間も
リアルタイムでゾンビはやって来ます。
そして急襲に合い、一気にパニックに陥りそのままウボァー・・・orz
このゲームで安全な場所はどこにもありません。
(隠れ家にさえも時にゾンビはやって来ます)

動画では銃でバラララと景気よく撃ってますが、実際にゲームで
あんな事してたらすぐに弾切れを起こして即ゾンビの餌食です(^^;)。
ゲームパッドでゾンビの位置を常に確認して、手持ちの道具から
最適な物を選び、危険を避けてミッション(〇〇に行け、××を
手に入れろ等)を達成する。ゲーム内のセリフを借りれば
「最善を望み、最悪に備えよ」が生死を決めるサバイバルゲームです。

グロテスクなシーンは当然ありますが、オイラはギリギリ許容範囲内でした。
ただ、怖いです。
「うわっ!」と思わず声が出た場面もありました(汗)。
まあこの辺の感覚は人それぞれなので一括りには出来ませんが、
ゲームとしては間違いなく難しい部類に入るので、ゲームの腕に
ある程度自信がないとプレイは厳しいと思います。
(「おてほんプレイ」などの救済措置はないので)

WiiUを持っていて、WiiUでしか味わえないゲームが遊びたい。
という人にはおススメの作品です。

任天堂HP「社長が訊く 『ゾンビU』編」
http://www.nintendo.co.jp/wiiu/interview/hardware/vol8/index.html

それでは、おやすみなさい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • WiiU「ゾンビU」クリアしました!

    Excerpt: 先日WiiUソフト「ゾンビU」をクリアしましたヽ(´ー`)ノヤッタネ プレイ人数は128人。このゲームでは「プレイ人数=やられた回数」なので つまり128回ゾンビの餌食になった事になります.. Weblog: 森村あふたーだーく racked: 2013-03-22 19:23