「ニンテンドークラシック・ミニ」のパンフを見るの巻

先日発表された「ニンテンドークラシック」のパンフを手に入れました。
発売までまだ一ヶ月以上あるのでパンフを読んで
コンセントレーションを途切れないようにしておきます(キリッ)

画像
11月10日発売
「ニンテンドークラシック・ミニ」


HDMIケーブルでTVにつなげて、USBで電源を供給すれば
いつでもどこでもファミコンの名作が遊べるナイスハード。
収録30タイトルも「ドンキーコング」「スーパーマリオ」という
定番から「魔界村」「グラディウス」「ロックマン2」とその時代を
飾った名作、そして「アトランチスの謎」とゲームセンターCXファンも
タイトルは知ってるけど遊んだことない迷作まで、なかなかに
隙のないラインナップです。

コントローラーももちろんファミコン仕様。
画像
ニンテンドークラシックコントローラ写真と
ゲームボーイミクロ・ファミコンカラー.ver

「掌の大きさと比較するとコントローラ小さくない?」という
気もしましたが、ミクロを実際持った感触と比べてみると
「ミクロも小さいけどちゃんと遊べるし、コントローラは
ミクロよりは大きいと思うから大丈夫かな?」と今回の
比較画像を撮影して思いました。

もちろんUSB端子からハブで外付けコントローラも接続OKなら
遊びやすさの幅は広がりますが、NEWファミコンじゃない
あのファミコンコントローラで遊べるというファミっ子浪漫は
やはり捨てがたい!このコントローラはいいものだ…。

でも写真見る限りケーブル短い…本体をそうとう近くに
寄せておかないと勢いで飛ばしちゃいそうです(汗)。

もう本体は家電量販店で予約したので後は当日を
ソワソワワクワクしながら待つだけです( ^ω^)ウフフ

それでは、また。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ファミコンリミックス ベストチョイス の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック