『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』でマイティボンジャッククリア

ニンテンドースイッチでファミコンの名作が遊べる
oline加入特典『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』。
先日スマブラSP配信開始の待ち時間を使ってファミコン時代の
激ムズソフト「マイティボンジャック」をクリアしました。

画像

「マイティボンジャック」(1986/テクモ)


クリア記念動画
やったー


「ゲームセンターCX」でも挑戦が行われたこのソフト。
「マイティボンジャック」は各面ラストの王家の部屋で
導火線に火が点いた爆弾を最後にとってクリアすると、
次の面の王家の部屋にワープします。そうして王家の
部屋でのワープを続ければ、殆どの面をスキップして
最終面にたどり着く事が出来るのです。
有野課長が番組内で使った裏ワザで、それにより
一気に認知度が高まった裏技でもあります。

しかし、やられるとワープを始めた面の最初から
やり直しになるので(例えば10面の王家の部屋で
ミスした場合、 1面からワープを開始していたらまた
1面からやり直し)ハイリスクな裏ワザでもあるのです。

だが、こちらには「どこでもセーブ」機能がある!
『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』には
「どこでもセーブ&ロード」機能があります。これは
読んで字の如く、いつでもゲームの状態をセーブ、
ロードする事が出来る機能です(1作品につき4つの
セーブデータを保持可能)。これを使えば面倒な
コンティニューも戻し作業もなく、その場でサクサク
同じ場所をやり直しプレイが出来るのです。
今回の「ボンジャック」はそうして何度もセーブ&ロードを
繰り返しつつ(^^;)王家の部屋をワープしてクリアしました。

いやー「どこでもセーブ&ロード」機能は素晴らしい。
しかしゲームの難易度自体が下がった訳ではないので
敵のいやらしい動きに悪戦苦闘。結果、かなりの回数
「どこでもセーブ」を駆使する事になりました。

でもクリアはクリア!また一つ激ムズレトロゲームの
エンディングに達成出来ました。やっちまったぜ…。

先日「メトロイド」と「忍者龍剣伝」の配信が開始されたので
そちらもスマブラSPの合間合間に遊びたいと思います。

それでは、またー。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック