「ニンテンドーLABO VRKIT」買いました!の巻

ニンテンドースイッチ用ソフト
「ニンテンドーLABO VRKIT」購入しました。

画像
VRゴーグルとバズーカが入った「ちょびっと版」


「ニンテンドーLABO」とは、一言でいうと「ダンボールで
スイッチで遊べる道具を自分で組み立てる」というもので、
今回の「VRKIT」では、スイッチをVRゴーグルに出来る
「VRゴーグル」と、それを使って遊べる「バズーカ」の
組み立てキットが入っています。

画像
中身はソフトと組み立てダンボールたち


このダンボールを組み立てればVRゴーグルが出来る!
(勿論レンズも同梱されています)しかし工作なんて
久しくしていない自分。出来るかな…と不安でしたが、
出来ました!!

画像
ゴーグルとバズーカ完成!!


いやーまさかダンボールでここまでのが出来るとは!
特筆すべきはやはり「取説の素晴らしさ」でしょう。
「ニンテンドーLABO」は同梱のスイッチソフトに収録されている
説明動画を見ながら組み立てを行います。

が…これが素晴らしい!子供でも分かるように丁寧に、
かつ飽きさせないような工夫が一杯されています。







そして取説動画はいつでもストップ、逆再生、拡大、アングル変更が
出来るので自分のペースで作れ、「あれ?ここどうやるの?」と
なったら自由な角度から組立図を確認することが出来ます。

VRゴーグルは30~60分、バズーカは120分~180分の制作時間が
かかりますが、このクオリティ高い説明書のお蔭でつまづく事なく
組み立てることが出来ました。

画像
途中でちゃんとブレイクを勧めてくれます





…って、全然本編のVRゴーグルについて語っていませんね(^^;)。
これは…いやはや、度肝を抜かれました。
恥ずかしながらVR初体験だったのですが「これがVRか!スゲェ!」と
テンション爆上がりでした。まさかスイッチがVRゴーグルになる日が
来るとは…。

画像
VRゴーグル装着時の画面
これをゴーグルで見ると浮き出る!?


でもダンボールを組み立てて自分でゴーグルやバズーカを
完成させられた時の感動は結構グッと来ました。この達成感、
喜び。プラモにハマる人の気持ちが分かった気がします。

という訳で、今回はここまで!
引き続き機会と時間と余裕があればニンテンドーLABOの
紹介をしていきたいと思います。
それでは、またー。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック