「実は私は」クライマックス!

漫画「実は私は」がいよいよクライマックスです。
黒峰くんと白神さんは無事卒業出来るのか!?

画像


いやー…21巻のラストはグッと来ました。目頭が熱くなりました。
ああいう展開だからテンプレ的にそうなると思いきや、
まさかそんな事になるとは!!(ネタバレ防止につき
とてもファジーな表現になってるのをご了承ください)

個人的に、絵的にも内容的にも週刊でこのクオリティーを
維持しているのはとてもすごいと思います。目立つ
破綻なくテーマもぶれずに描いています。あと、
重くなりそうな雰囲気にドカンとギャグをブチ込んで
読んでいて辛くならないようにしているそのバランス
感覚の見事さ。
また、対立する相手を単純な敵役にせず、ちゃんと
一人の存在として考えがあるという事を描いている所に
(184話のように)作者さんの懐の深さを感じました。
どの登場人物もちゃんと目が届いているんですよね。

そんな「じつわた」もいよいよクライマックス。一体
どうなるのか…!?終わりは寂しいけど大団円を
迎えられればと思います。

それでは、また。



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 実は私は 22 (少年チャンピオン・コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック